犬舎シンボルマーク


[AMCH・INTCH]
 レンワードフズ リトルビットOFボーゾ


在りし日のボーゾ
私との初対面で


愛称”ボーゾ”は今も尚、私の心の中に生きています。1985年7月29日に生まれ僅か2歳にしてチャンピオンを完成し、アメリカ西海岸より1988年9月に来日、そして私との出会いでした。ボーゾは美しいコートの色を持ち威厳をあらわしながらも大変気品のある容姿を持ったそれは素晴らしい犬でした。今日のピュアホワイティーはこのボーゾによって作出されたセントバーナード達です。私の生涯においてこの、ボーゾを忘れることはないでしょう。   合掌


エナジーに送る言葉

在りし日の
ナジー


あなたは、はるばる北海道の札幌から私のもとに来てくれましたね。あなたを始めてこの胸に抱きしめたときのぬくもりは今も忘れることはできません。元気に育ってくれますようにと”エナジー”と名付けました。あなたは名前に答えるかのように私の娘と共にすくすくと良い子に成長してくれました。家族でハイキングにも出かけお弁当を一緒に食べましたね。
その頃一緒に遊んだ私の娘も今では一児の母となっています。
そうそう、ドックショーにも挑戦して全犬種展では数々の賞をもらいその上、単独展でもBISを獲得して・・・その日から私はドックショーの虜になってしまい今でも頑張っていますよ。あなたの血統書はピンクの枠にチャンピオンの桜のマーク懐かしいですね。
あれから何十年経ったでしょう。今もファイルに大切に綴じてあります。
あなたは一度だけママになりましたね。10頭もの赤ちゃんを産んでくれて、私に命の幸せをくれました。今はもう、あなたの子孫は残っていないけれどあの頃の子育ては本当に楽しかったよ。
それからテレビにも出ましたね。「地球大好き大冒険」の撮影は大変だったけど楽しかったね。今でもその時のビデオを懐かしく観ています。
あなたの部屋は家族と一緒だったから、私の言葉をほとんど理解していました。だからあなたに内緒の話をする時は家族だけの暗号がありました。
あなたとの思い出は書き切れるものではありません。私はあなたに幸せをいっぱいもらいました。
本当に本当にありがとうエナジー・・・あなたのことは忘れません。・・・私が始めて出会ったセントバーナード、エナジー・・・
今一度あなたに逢いたい・・・        合掌